「タミヤ 1/700 駆逐艦 桜」カテゴリーアーカイブ

松型駆逐艦 桜にエッチング13号電探を装備

_DSC4868.JPG
初エッチングパーツです。エッチングピンセットだけで組み立てられるので、比較的初心者にもお勧めのパーツな気がします。細かいですが、説明書通りに組み立ててゆけば意外と組み立てられそうです。ただ、綺麗に作れるかどうかは別ですが…

ステーの角度がチョット斜め過ぎるのを選択してしまったようで、前かがみに前傾姿勢になっちゃいましたw本当は真っ直ぐのハズです。まあ、復帰一作目って事で許してもらおうと思います…

1/700 ウォータライン専用パーツ 3S-51一三号電探セット クラフトツールシリーズ No.117 ピンセットベンダー (エッチングパーツ用) 74117

松型 駆逐艦 桜にナノドレッドの25mm単装機銃を装備

_DSC4790.JPG松型駆逐艦の桜は太平洋戦争末期の駆逐艦と言う事もあって積める場所全てに機銃を搭載しています。小型艦の割には機銃の搭載数が多くて、25mm 3連装機銃だけでも4基も積んでいるんですね。キットでは、他に単装機銃が13基搭載されています。

白露型辺りから主砲を高角砲に切り替えてれば…って思います。

3連装機銃に関しては、別売りのグレードアップパーツ ナノドレッドに換装したので、単装機銃もナノドレッドに交換してみました。3連装機銃と比べると、単装機銃はキットに付いている物も出来が良くて、一応弾倉まで再現されてたりします。でも、ちょっと太短い印象なので交換する事に。

買ってきて交換してるだけでは有りますが、ナノドレッドに交換すると物凄い満足感が有ります。一度使うと止められなくなりますね。

相変わらず、マストは停滞中です。試しに瞬着使ってみましたが、やっぱり着かないですね。頑張ってハンダ付けなのかな…

1/700 ナノ・ドレッドシリーズ 九六式25mm単装機銃 (リニューアル版・防盾選択式) 1/700 ナノ・ドレッドシリーズ 九六式25mm三連装機銃防盾装備 (リニューアル版)

松(丁)型駆逐艦 桜と、英駆逐艦 E級制作中

松型の桜とイギリス駆逐艦 E級を制作中です。建造された時期にズレは有りますが、イギリスと日本で設計思想に違いを感じます。プラモデルですが、E級の方が組み立てが簡単で量産に適している印象です。量産性に注意を払った松型と比べてなので、松型は、もっと思い切った合理化をしても良かった気がしますね。

艦橋なんかは、ただの箱みたいにするべきだった気がします。

_DSC4757.JPGマストを真鍮線で作ろうと考えていますが、半田付けが上手くいかず停滞中です・・・0.5mmの真鍮線を使う予定でしたが、やや太い気がしたので横棒は0.3mmにしようかなと思っています。艦底色はあえてメタリックの青竹色、砲塔は白く塗装してみました。

25mm三連装機銃は、昔のアニメに出てくるメカデザみたいにゴロっとしたのが付いてるので、ナノドレッドに交換しました。桜は単装機銃も満載なので、これもナノドレッドに交換しようと思います。

_DSC4780.JPGイギリス駆逐艦は、もっとひ弱なイメージでしたが、実際にプラモデルで作ってみると、意外とボリューミーな印象です。艦橋とか、ただの四角に必要なプラットホームを取り付けた感じですね。意外とその辺の割り切りに機能美を感じます。この時代のイギリス駆逐艦は、物凄く対空能力が低いんですね。機銃も13mm四連装 2基しかついてなくて、1931年度計画、1934年進水では航空機への意識が低かったのでしょうね。同じイギリス駆逐艦では戦時急造艦のO級が出ているので、急造艦との差を作り比べてみたいです。

1/700 ウォーターラインシリーズ No.429 日本海軍 駆逐艦 桜

1/700 ウォーターライン 駆逐艦 E級