ウエストバージニアと長門を並べてみる

_DSC8081.JPG弟のウエストバージニアもだいぶ進んできたので、並べさせて写真撮らせてもらいました。籠マスト良いですね~長門 作っておいて言うのも何ですが籠マスト好きですw

実際に対峙する事は無かった二隻の戦艦ですが、並べてみるとかなり性格の違う戦艦だなって感じます。ウエストバージニアなど、コロラド級戦艦から見ると、長門は一回り大きくて速度も速い強敵。長門級戦艦から見れば、コロラド級戦艦は3隻、長門は2隻。1隻多いのは長門級からすればやはり不利です。とは言え単純に数だけで割り切れる物では無いのでしょうね。

日本の軍艦は、排水量の割に重武装でトップヘビーなんて話が出ますが、こうやって見ると、コロラド級も相当詰め込んでますよねw航空甲板とか無いですし…

長門級vsコロラド級に限定すれば、意外と良い勝負だったのかもなと思います。長門の足の速さを利用すれば、ひょっとして?と思うのは、チョット贔屓ですかね…w


Amazonで購入!

1/700 艦船 (フルハルモデル) 日本海軍戦艦 長門 1944 (レイテ)

1/700 グレードアップシリーズNo.10 長門専用エッチングパーツ

1/700 米国海軍 戦艦 ウェスト・ヴァージニア 1941

長門 探照灯を塗る

_DSC8068.JPG探照灯は、フジミのクリアパーツを使ってみる事にしました。ナノドレッドの探照灯セットと比べると、灯体の下に空間が再現されてなかったり、精密度ではチョット負けてますが、水上偵察機付いて、探照灯も12個も付いてるぜ!って事でチョイス。

クリアパーツの探照灯は初めてですが、レンズ部分をマスキングゾルで覆って、シルバーに塗ってからグレーを重ねてます。定番な感じですかね。昔は、こんなパーツ売ってなかったので、レンズ部分をシルバーや白で塗ってた気がしますが、中々良い感じです。

そして、3座水偵が付いてるセット買っちゃけど、長門の艦載機って95式水偵か、零観だよね…グハッ 三座水偵は、また何かに使うとしますか…


Amazonで購入!

1/700 グレードアップ 三座水偵・探照灯セット

1/700 グレードアップ 水上偵察機・探照灯セット

長門 航空甲板塗装 主砲の組み立て

_DSC8060.JPG

長門の組み立て年内にはチョット無理かな?って感じですが、徐々に終わりが見えてきました。航空甲板もリノリウム色に塗って、甲板の塗装は大方終了です。煙突周辺の構造物とかラッタル、手摺の取り付けが終わってないので、実際にはまだ、かなりかかりますが、戦艦としての外観はだいぶ整ってきた印象です。

_DSC8059.JPG

戦艦といえば、やはりポイントとなるのは主砲ですね。とりあえず塗装する前にエッチングパーツを取り付けてしまわないと付かなくなるので、側面の梯子などを取り付け。アオシマのキットは、ややエッジが緩いので、エッチングパーツつけると情報量も増えて、少し引き締まるような気がします。

ここからの難関は、結構数が有るラッタルと、やたら何重にもなってる手摺ですね。手摺上手く接着できると良いのですが…


Amazonで購入!

1/700 艦船 (フルハルモデル) 日本海軍戦艦 長門 1944 (レイテ)

1/700 グレードアップシリーズNo.10 長門専用エッチングパーツ

長門 後部艦橋の組み立て

_DSC7995.JPG

アオシマの長門は後部艦橋のディティールが、ややあっさりしている印象が有るなぁ…しかし、どこまでやるべきか…

と言うのは有ったのですが、フジミのエッチングパーツには、後部艦橋上部の窓枠が付属していたので、取り付けてみました。

作業自体は、プラスチック用のノコギリでジョリジョリ溝を開けてヤスリで幅を広げただけなのですが、これ綺麗に出来るのか?ってのが凄くプレッシャーで暫く放置していましたw

もう、やっちゃったものはどうにもならないのですが、窓枠とその下の柵的な物を付けて妙なあっさり感は改善されたのではないかと思います。皆さんもマジックで線引いて、思い切ってノコギリでジョリジョリ行ってみて下さいw

失敗しても責任取れませんが…

今週は水密扉の接着にセメダイン スーパーXGというのも使ってみました。ちょっと糸を引くのが難点ですが、取り付け後修正が出来るのは瞬着よりも手軽ですね。


Amazonで購入!

1/700 艦船 (フルハルモデル) 日本海軍戦艦 長門 1944 (レイテ)

1/700 グレードアップシリーズNo.10 長門専用エッチングパーツ

セメダイン 超多用途接着剤スーパーXゴールドクリア P10ml AX-023 [HTRC3]